Speaking for trees‥:‥:‥

                          ◯
    ∵     shin e ∴∵・
                                 p o w er   
                                           fr e e
                     
                  m  o o n
        §                      §              ∴       
                           ∞

<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
恋愛睡眠とエロス


恋愛睡眠のすすめ
シャルロットとガエルくんだなんて うっとり。
しかもすいみん。見たいなー


毛皮のエロス
興味ある写真家 ダイアン・アーバス。
アーバスの本をいま読んでるのでとても見たい。
ニコール・キッドマンてこうゆうのもでるんだな。
邦題がナンセンスだねえ。もとのFURでよろしいのに。

| oミカn | movie | 01:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
なんというのらくらもの

女は女である
UNE FEMME EST UNE FEMME/1961


見て きれいでしょ エミール
なぜ泣くの?
だって できたら---
この絵の動物になりたいの


象徴的なくだり。そこに軽視した感情が混じっているとしても。
劣っているわけでも優れているわけでもない“女は女である″。

アパルトマンの白い壁のべったりした色
アンナのベッドにかける布団のしきかた
ブルーストライプのガウンと目玉焼きと黒電話のシーン
わたしはいつでも“oui”と答える♪アンナのショーのミュージカル
がわたしのディティール鑑賞ポイント。
口をきかん--と言ってからの
本を使ってのやりとりするシーンがとってもかわいい。
アズナブールのシャンソンの流れるところの会話もいい。

軽薄なお話しにリズム重視のエスプリ会話と年代経たパリの重厚さ。
引用と言葉の会話とディティールに本質をさぐりたい。
ヌーヴェルヴァーグの一人で見る映画なとこが好きだ。




| oミカn | movie | 20:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
珈琲。お握り。シナモンロール。豚肉の生姜焼き。
 

一週間レンタルと半額期間を待って待って
ようやく観たぜ。かもめ食堂。
やっぱりほんとにいいね、よい感じの映画だね。
健康的で。
とにかくうまそう。
ミドリさんのカップヘムレンさんだ!
フィンランドの森の緑の色は綺麗にみえる。
ちゃんと自転車道もあってなにより人が少ない。
いいなーいいなー
冒頭から音楽が少なくて、
食器のぶつかる音、ポットのふたを閉める音、
かちゃかちゃいう音、じゅーじゅー焼く音、揚げる音
がすごくいい!
こういう音の聞こえる場面がわたしはすきだったりする。
あと会話がいい。会話のまわりの空気がいい。
白夜を一度、体験してみたい。
ムーミンは、いてると胸に書いてやるぜ。チャ〜




| oミカn | movie | 01:54 | comments(2) | trackbacks(0) |
The Royal Tenenbaums
 

ザ・ロイヤル・テネンバウムズ
ま正面ま横からの絵が多いのと
洋服同じでキャラクターみたいなのと
このへんな具合がすごい好きだった
とくにマーゴ!彼女はちようお洒落っ子だと思うわ
ブロンドおかっぱラコステワンピース
毛皮コートローファーバーキンバッグでちよう完璧
しかも毎日同じ
しかも虚無的で秘め事多し
そして子供の頃に構成した着ぐるみ劇のテーマは不条理さなんだもの
しごくかっこよろし
リッチーが部屋に宇宙のテントを持っているのすごいよくわかる
わたしは今スナフキンのテントがほしい
この映画もっとコメディタッチなんだと思ってたら
ぐっちゃりしていてそれがよかった
出てくる人たちはみんな変だけど変ではない
ほんとうは変でない人なんてそうそういないと思うから
だからテネンバウム一家をみると安心する
チャスの子供とマーゴとリッチーが特に素敵だけども
多くの役柄がひと味醸している醸しーヤ




| oミカn | movie | 18:08 | comments(2) | trackbacks(0) |
手をもやしてみる あなた〜
みみで靴下を履いてみる わたし〜




ミー&ユー&〜のDVD買うぞ。))<<>>((
目下の目標虫歯治療と
卒制一個目完成したら買うもん。ね。
これで覇気がでるってもんだ。よね。
))<<>>((

このバランス具合がいいとおもうんだ。
ミー&ユー&〜。

すっかすかの素敵映画館で観れたのがよかった。
))<<>>((
それにしてもミランダうちのお母さんの若い時に似ている。
髪型とひょろ体型。



| oミカn | movie | 17:57 | comments(2) | trackbacks(0) |
岸辺のふたり


作ーマイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット

オランダの低い土地
クラシックの光
平坦な地平線の向こうで



| oミカn | movie | 18:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
海へむかって走れ



大人は判ってくれないのこのラストシーンが格別すき。
ずううーっと走っている。横にながれる絵。
獄中のとっくりセーターもいけとるのね。
ドワネルくんかっこよろし。
いつでも見れるよにはっとくのだ。




でもやっぱし一連があってのラストがぐっとくるのね。
やっぱり。
最後の一行をよむために悲しみよこんにちわを読むし
エンディングオーケストラを聞くためにその時歴史は〜をみるし
あのちーへいーせーんーを聞くためにラピュタを観るのだ。




| oミカn | movie | 01:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
ティー&チョコレイッツ
わたしの場合。大人になりきれないの。



ビルマーレイさんもよいけどこれもすき。
みどころは勿論2人のヘアアスタイル。字幕ほしいな。




| oミカn | movie | 17:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
p's box

泥女の箱




綺羅里と切ない





| oミカn | movie | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0) |

秋がいちばんすきだ。
あっついのから心地よい涼しさへの空気の
変わり目の繊細さがなんともいえない。
お風呂場で聞こえる虫の声もよい。
秋の夜長によい映画。






Nuages 雲 息子への手紙  トニー滝谷 プレミアム・エディション  トーベ・ヤンソンのムーミン 楽しいムーミン一家(9)第33~36話
Nuages 雲 息子への手紙  トニー滝谷         楽しいムーミン一家




マリオン・ヘンセル監督の雲の映像。
ざわざわと映し出されていく自然の映像と
息子への手紙。このシンプルなかたちがシンプルに気持ちいい。
自然に触れたくなる。忘れてはいけないなと
本物を知ろうとおもえる。
ドキュメンタリー映画は自分の気持ちが混沌としているとねむたくなってしまう。
ていねいに入ってくることの出来るその時はいい状態なんだとおもう。



村上春樹原作のトニー滝谷も静かな映画だった。よかったな。
小説のよな空気感がする。
宮沢りえはいつみてもズルいとおもってしまう。ズルいよなあ。



へっそーまがりんちょのまがりんぼ!ごっあーいさつはごっつんこごっつんこ!
レンタル2本で1本分¥なのがうれしいムーミン。
アニメはムーミンの声と原作のユーモアが薄れてるのが気になるけど
動くスニフがだんぜんいい!







| oミカn | movie | 19:06 | comments(0) | trackbacks(0) |