Speaking for trees‥:‥:‥

                          ◯
    ∵     shin e ∴∵・
                                 p o w er   
                                           fr e e
                     
                  m  o o n
        §                      §              ∴       
                           ∞

<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
猫がいないドービニーの庭




伊勢丹内の美術館で始まったフランス近代絵画展を見ましたえ。
ゴッホのドービニーの庭以外離れてみてねの包囲網がなかったので
近寄って右から左から表面の光の具合を、筆使いの凹凸と
油絵の具の盛り上がりと出来る影をもう嘗めるように見るのが好きです。
あの凹凸感がたまらなく絵を見たとゆう感じにさせてくれる。
ここに掛かっている絵に向かってゴッホやボナールやシスレーがかつて
絵筆を走らせていたのだとゆう、点と点をつなぐこの個体の絵も点ではあるけれど
かつての画家が、いま何処かで存在している人等と何ら変わりなく強みをもって
迫ってくる想起的な存在感を震えるような気分を単純に用意してくれる。
そいでイチオシな感じで掲げられていた ドービニーの庭 
はゴッホが拳銃自殺する二週間まえに描かれた3つの風景画の内の最後の
ひとつですが、そしてこの絵は2枚あって先に描かれた方には猫が居り
後に描かれた方これ展示の方のは猫が塗り潰されており、これのゆえんが謎に
なっていますがまあそれはどうでもよくて、他の 烏のいる麦畑 などの
不安色渦巻く絵と違ってこの庭は生命力とこの今いる世への渇望と憧れ
とがやはり渦巻いていてああそうであったのなと、
烏にとらわれ庭をあいしたのなあと立体的な面をおもいつつ
版画板の凹を凸にした様な筆のライン渦巻く色彩に搦めとられる。
あとはボナールのピガール広場とシダネルの離れ家とピサロのポン・ヌフ。
なによりも不思議と驚きと美しいものを含むこのうき世を単純に捉えた風景こそが
この大きなゆめみたいな知覚の世にぐっと寄り添う。



| oミカn | art | 21:37 | comments(0) | - |
Dedieu




きょうはなによりシンクロのデデューが復活。
デデューはこれまでに
カミーユ・クローデルをパフォーマンスしたり
It's oh so Quiet ビョークバージョンをやったりで
そのテーマ選びに興味を惹かれつつ
それがデデューの表現自体のおもむきを出すための
工夫にすぎないと気づかされるくらい
コンテンポラリーダンスのようなデデューの表現は
かなりすごいものがあると思う。
今日はオペラ歌手のマリア・カラスで
復帰でもってなんて強くて美しいとぐっときた。
シンクロとかダンスとかくわしいわけではないけど
デデューは唯一無二な存在感がある。きれいだし。
今回限りの復帰とのこと。
インテリアを勉強しているらしいけど
体をつかったクリエイティブなデデューに興味があるので
たとえばプロとかまた違った舞台などは
シンクロにもあるんだろか?また見たいです。
彼女達のストイックさゆえの強さ見習いたいなあ。

芸術点満点のbjorkのやつご覧あれ!




| oミカn | art | 02:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
石田徹也遺作






改札を黒い服の人人が完膚なきまで行きたるのを
とてもおんなじ様には泳げそうもないと佇立んでいる。
もう逝った人の絵が目に留まってないた。



| oミカn | art | 01:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
想像の余地


              

   



写真や映像を使ったインスタレーションや         
COSMIC WONDERの写真や映像を手掛けている        
京都在住のアーティスト木村友紀さん。          
木の写真とか影がぽんと落ちちゃったみたいな       
アクリルのボードみたいなのとか好きな感じです。     
たんたんとしていて想像の余地がある。
今東京のこちらで展示されているみたい。見たい。     
大阪にもくるかしら。これから注目したいです。      
インタビューのマイソースで紹介されている         
藤枝静男、たしか川上弘美さんも紹介してはったな。    
見てみようっと。               






| oミカn | art | 19:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
大山崎山荘感想文

  




大山崎山荘美術館に行ってきました。
山荘ですから坂をぐいぐい登っていきます。
坂をのぼっていくとレンガ造りのトンネルがあって
其処から先きは少し空気が変わります。
道を囲う岩はすこし苔むしていて
竹林に木木木でうれしくなってきます。
大山崎山荘は加賀正太郎というひとが
大正から昭和初期に建てたもの。
そこで民藝運動の三國荘展が催されていて
焼物や家具「工藝」などの書物が展示されていました。
伊万里の瓢箪型の焼物が気に入ったり
李朝の焼物の色がきれいなのを見れたのがよかったです。
山荘との調和を考えて地中にある新館は安藤忠雄作で
足音が奇麗に響く山荘と新館をつなぐ階段がすてきでした。
こちらにはモネの睡蓮の絵です。
山のしぜんと洋式山荘
柳宗悦と民藝に安藤建築そして山荘のお庭と
興奮要素が凝縮されすぎていて
ずうっと居たい帰りたくない気持ちになります。
加賀邸宅の空気のなかでそれらを
見ることの出来るというとても贅沢な時間を過ごすことができました。
山荘のあるこの天王山をもう少し登ると竹林や杉林があります。
杉林から現れた木枝の杖を持った日本昔話ふうの老夫婦に
こんにちわと声をかけながら中腹まで行くと
木津川宇治川桂川の合流がみえます。
山崎は駅周辺もほのぼのとしていて気持ちいいところでした。
ふらっと行けるところなのでまた行きたいなあとおもいました。




P.S.にゃあすう次の登山活動は天王山がよいかとおもわれます。
  紅葉時がよいかと。






| oミカn | art | 16:19 | comments(3) | trackbacks(0) |
キューブの生命#5

イサム・ノグチ〈下〉―宿命の越境者
イサム・ノグチ〈下〉―宿命の越境者
ドウス 昌代


滋賀県近代美術館でやってたイサムノグチ展にいってきた。
最終日に。もう一〇日以上もまえなのだけど。
よかった。
まず展示数が多からず少なからずでちょうどよかった。
顔 神話・民族 コミュニティーのために 太陽
と四つの視点に分類されていてみやすかった。
いちばんぐっときたのが太陽のブースでなかでも
〈キューブの生命#5〉がすごかった。
ただ四角い傾斜のついた立方体の石なのだけど
石のみずみずしい生命力みたいなのが
ぐりぐり放出されている。
たぶん写真のみではわからない立体のつよさ。
〈死(リンチされた人体)〉もどくどくしていた。
〈クロノス〉の造形もすき。
全体をみて石のやわらかさやなにか
内包する魚石のような感覚が強まる。
イサムノグチのなみなみならぬパワー。生き様もなみなみならぬ。
ばふゅーとガスがぬけてしまうのでした。

イサムノグチはすごい!を最大に感じることができるのは
やっぱりモエレでしょう。
もえれの山を登頂するのをゆめみて
「宿命の越境者」をよんでは予習にはげんでおります。



| oミカn | art | 00:51 | comments(3) | trackbacks(0) |